病気や事故に負けず幸せな生活を

病気

薄毛や抜け毛の原因

薄毛や抜け毛を引き起こす主な原因は、遺伝、ストレス、血行不良、皮脂分泌過剰などがあります。また、生活習慣や環境、ヘア・頭皮ケアによっても薄毛を進行させる原因があります。

髪の毛の薄毛や抜け毛の悩みは男性だけではありません。女性にも薄毛の悩みを持つ人は増えています。女性特有の薄毛は、男性の薄毛と区別するために「女性型脱毛症」と呼ばれています。女性型脱毛症は、生え際がM字型に後退したり頭頂部が薄くなる男性型とは異なり、毛髪のハリやコシがなくなることによって髪の毛の密度が低くなり頭皮が覗いて見えるようになります。

女性型脱毛症の原因として、遺伝、女性ホルモンの低下、加齢によることが多くあります。

頻尿の原因

成人は、平均的に1日に昼5回、夜0〜1回排尿を行います。しかし、頻尿になると、用を足してもまたすぐに行きたくなる症状が出て、排尿の回数が平均より増えます。昼8回、夜2回を超えると頻尿の症状を疑ったほうが良いでしょう。

頻尿の起こる原因は、膀胱や前立腺など泌尿器系の臓器に病気症状として発生しているものと、そのような原因なく発生するものがあります。

頻尿の原因として多いものの例として、「過活動膀胱」があります。「過活動膀胱」は、膀胱に尿が十分に溜まっていないのに、膀胱が勝手に収縮するという病気です。急に急に尿意をもよおし何度もトイレに行きます。前立腺肥大症による排尿障害や脳や脊髄の病気に伴って起こることもありますが、加齢による老化現象によって起こることは少なくありません。

小児がんとは

小児がんとは、15歳以下の子どもがかかる癌のことです。日本では、年間約2000人の子供が小児がんを発生すると言われています。小児がんには多くの種類の癌が当てはまります。小児がんの種類は大人に起こりやすい胃がんや肺がんとは異なります。特に白血病が多く、その他には脳腫瘍、網膜芽細胞腫、神経芽細胞腫、リンパ腫、骨肉腫などです。

すべての癌の発生率と比べてみると、小児がんが占める割合はたった1%程度ですが、子供の病気による死因の第1位となっています。

1960年代まで小児がんは不治の病と言われていました。しかし、それ以降、医学の進歩により、子供に適応する治療方法も生み出さされ、今では小児がん患者の70〜80%が治癒し、成人するようになりました。

大人と同様に、小児がんの治療には、外科手術、化学療法、放射線療法が行われます。子供の身体は大人よりも治療の効果が現れやすく治癒しやすいことが特徴的ですが、副作用が強く現れる傾向があります。

風疹の症状や怖さ

風疹とは、ウイルス性発疹症です。

感染から14~21日の潜伏期間を経て、主な症状である発疹とリンパ節腫脹と発熱が発生し、その後、発疹は顔から始まり一気に全身に広がります。子どもの頃に予防接種を受けなかった成人に多く発症する病気で、特に20〜30代の男性に多く発症すると言われています。

3~4日で治るので「3日はしか」とも呼ばれていますが、麻疹(はしか)とは違う病気です。

妊娠20週頃までの女性が風疹ウイルスに感染すると、おなかの赤ちゃんが目や耳、心臓に障害が出る「先天性風疹症候群」で生まれる可能性があります。特に風疹の予防接種を受けたことがない人は、男女関係なく風疹ワクチンを接種するべきです。

口腔乾燥症とは

口腔乾燥症とはドライマウスとも呼ばれる口腔内が異常に乾燥する病気です。唾液分泌量の減少により発生します。患者の大半は高齢者ですが、最近では若い人にも増えており、不規則なライフタイルに原因があると言われています。

主な症状として、口が渇く以外にも、飲み込みにくい、口腔内がひりひりする、味がわかりにくい、口臭、しゃべりにくい等の自覚症状が見られます。

口腔内の乾きは、通常は水分を補給することによって解消されますが、口腔乾燥症の場合には、唾液腺の機能異常やその他の原因で症状がでているため、水分の補給では改善しません。

腎がんとは

腎臓には色々な腫瘍が発生しますが、ほとんどの腫瘍が良性の腎嚢胞です。

尿をつくる部分にできる悪性腫瘍のことを腎がんと呼び、10万人当たり男性で7人、女性で3人ほど発生すると言われています。高齢の男性が発症することが多く、加齢に伴って発生頻度が高まる癌です。

腎臓は体の表面から深いところに位置するため、早期の段階では自覚症状はありません。脇腹から腰にかけての痛み、血尿、おなかやわき腹のしこりが現れるころには、既に進行がんとなっていることが多いです。また、血尿は目では確認できない程度のものも存在します。

糖尿病とは

糖尿病になると、インスリンと呼ばれるホルモンの作用が低下します。インスリンは細胞が血液の中からブドウ糖を取り込みエネルギーとして利用する助けをしてるので、インスリンの作用が低下すると、ブドウ糖(血糖)を上手く利用できなくなり血液中のブトウ糖(血糖)が多くなってしまいます。

糖尿病で一番怖いのは合併症です。失明など目の病気や腎臓の病気になり透析が必要になることが起こり得ます。

糖尿病には大きく分けて「1型糖尿病」と「2型糖尿病」の2種類があります。

「1型糖尿病」は、すい臓からインスリンが全く分泌されない状態である為、体外からインスリンを入れなければならず、インスリン注射が欠かせません。年齢に関係なく発症します。

糖尿病患者の10人に9人が「2型糖尿病」です。成人に多い糖尿病です。肥満や運動不足等をきっかけに発症し、よく「生活習慣が悪かったので発症した」と呼ばれるタイプは2型となります。

糖尿病にかかってしまった時、一番怖いのは合併症です。糖尿病になったら必ず合併症になる訳ではありません。適切な治療を受けることによって防ぐことができます。

糖尿病の代表的な治療方法は「食事療法」「運動療法」「薬物療法」です。

高血圧の原因

高血圧とは、血圧が慢性的に正常値よりも高い状態であることです。合併症が怖い病気と言われています。日本の高血圧患者は40歳以上の約2人に1人にのぼり、まさに国民病であると言えます。

高血圧を放っておくと、動脈硬化(血管が弾力を失ったり血管の内側が狭くなる状態)を起こし、やがて脳や心臓の血管障害である脳卒中や心臓病などの病気を引き起こします。また、血圧が高いと腎臓にも大きな負担がかかるため、慢性の腎臓病を起こす可能性もあります。

高血圧は、様々な要因によって発生します。代表的な原因は、食生活によるもの(食塩の過剰摂取、肥満など)や喫煙、ストレスです。

血圧測定器によって簡単にチェックできるため、高血圧は自覚しやすい病気だと言えます。血圧が高めであると自覚したのであれば、早めに医療機関に相談しましょう。

糖尿病の治療

糖尿病にかかってしまった時、一番怖いのは合併症です。糖尿病になったら必ず合併症になる訳ではありません。適切な治療を受けることによって防ぐことができます。

糖尿病の代表的な治療方法は「食事療法」「運動療法」「薬物療法」です。

「食事療法」では身体活動量に見合った食事をするように指示を受けます。栄養の偏りや過剰摂取に気をつけましょう。糖尿病患者には肥満の方が多いことは事実なので、「運動療法」では運動不足を解消しダイエットをすることができます。合併症を持つ方の場合には、症状を悪化させてしまう事もありますので、必ず医者の指示に従ってください。症状の状態によっては、「薬物療法」として血糖値を下げる薬を処方されることもあるでしょう。

心臓病・狭心症とは

狭心症とは、冠動脈の血流が不足することにより、発作的に胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす心臓の病気です。安静にしていると治ることがほとんどですが、繰り返すことがあれば、「ニトログリセリン」などの投薬によって発作を抑えることもあります。

狭心症には、安定型と不安定型があります。安定型は、毎回発症する状況や傷みが似ており、例えば、運動をすると発症し、少し休むと症状が治まるようなタイプです。不安定型は、症状のパターンが変化する狭心症のことです。以前は問題なかった軽い運動や安静時・睡眠時に発作が起きることがあります。不安定型の患者は、心筋梗塞へ進行するリスクが高いため、注意する必要があります。

心臓病を予防するには、普段から食生活に気をつけ、喫煙者は禁煙することが大切です。

Pages