病気や事故に負けず幸せな生活を

医療保険

肝臓がんとその種類

肝臓がんの多くが肝炎や肝硬変から発症します。長期に肝細胞の破壊と再生を繰りかえすことによってがん化すると考えれています。

特にB型肝炎やC型肝炎ウイルスの感染者は、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんと進む可能性が高いです。世界の肝臓がんの約75%は、B型肝炎やC型肝炎が原因となっているため、肝臓がんを予防するには肝炎ウイルスへの感染を予防する必要があるでしょう。

B型肝炎の場合、母児感染や性交渉、輸血などで感染します。C型肝炎ウイルスより感染力が強いですが、慢性化することはあまりありません。C型肝炎はB型肝炎ウイルスと比べると感染力が弱いですし、性交渉や母子間で感染する可能性は低いと言われます。しかし、感染者の約7割が慢性化し、肝硬変や肝臓がんへ移行する可能性が高いです。

肝臓がんには、肝臓から発生した「原発性肝がん」と他の臓器から転移した「転移性肝がん」に分けられます。肝細胞がんや胆管細胞がんは、肝臓や胆管の細胞ががんとなる病気であり、「原発性肝がん」の種類です。原発性肝がんのうち肝細胞がんが90%を占めると言われています。

悪性リンパ腫とは

悪性リンパ腫とは、血液にできる悪性腫瘍(癌)です。リンパ組織から発生します。

悪性リンパ腫には大きく分けてホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫の2つがあります。日本では、ホジキンリンパ腫は悪性リンパ腫の約10%のみです。反対に欧米ではホジキンリンパ腫が多数を占めます。悪性リンパ腫の90%近くは非ホジキンリンパ腫です。非ホジキンリンパ腫はさらに細胞系質的特徴や病気の進行速度により細かく分類されます。

症状としては、リンパ節の多い部位(首、腋の下、足のつけ根など)に、しこりのようなものが発生します。発熱や寝汗、体重減少や皮膚のかゆみなども見られることがあります。

脳腫瘍とは

脳腫瘍とは、頭蓋骨の内側にできる腫瘍のことです。他の臓器の癌が脳へ転移してきた転移性脳腫瘍と、脳組織自体から発生する原発性脳腫瘍があります。原発性脳腫瘍の発生率は人口10万人当たり年間約10人の頻度と言われています。脳腫瘍の原因は遺伝子の変異とされていますが、それ以上のことは現在でも分かっていません。

脳腫瘍ができると、慢性的な頭痛、吐き気、視神経の異常(しびれやまひ)のような症状がみられるようになります。現在の医学では、CT検査やMRI検査などの画像検査を行うことで、脳腫瘍の有無やどの場所にあるのか等ほぼ100%診断することが可能です。

治療方法は、手術により患部を全摘出することが最も有効ですが、正常の脳を傷つけると手や足が動かなくなるので、すべての腫瘍を摘出できないこともあります。放射線療法や抗がん剤による化学療法を併用して治療を行うこともあります。

脳梗塞について

脳梗塞とは、脳の血管が詰まったり何らかの原因で脳の血の巡りが低下することによって脳組織が酸欠や栄養不足に陥り、このような状態が続いた結果、その部位の脳組織が壊死してしまったものです。一度発症すると脳の細胞はほとんど再生しないので、脳梗塞で失われた機能は取り戻すことができず、後遺症が残ってしまうことがあります。

脳梗塞が起こると、数分後には脳細胞が壊死し始めます。時間が経つ程、ダメージが広がるため後遺症も大きくなります。後遺症を軽減するには、一刻も早く医療機関で診断を受け、治療を始めることが必要です。

脳梗塞の主な危険因子は高血圧、高脂血症、糖尿病ということから、脳梗塞は生活習慣病のひとつと言われます。生活習慣病や喫煙は、脳梗塞の原因のひとつとなる動脈硬化を促進します。

花粉症とアレルギー鼻炎の違い

花粉症は花粉をアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因となるもの)とする「季節性アレルギー性鼻炎」、アレルギー鼻炎は一年を通して発症する「通年性アレルギー性鼻炎」です。

通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンは人によって異なるため、発症する時期や症状も異なります。空気中のほこりやダニ、カビ、動物が原因となることが多いでしょう。

花粉症は、2月上旬から始まり特に春に流行しますが、春だけではなく一年中起こりえる鼻炎です。春に花粉症にかかる人はスギやヒノキが原因となりますが、夏のシラカンバ(イネ科)、秋のブタクサ、冬のカナムグラから発症する方もいます。

アレルギーの種類

食物アレルギーとはアレルゲン(抗原)となり得る食品を摂取することで発症するアレルギーです。日本の人口の1~2%(乳児に限定すると約10%)が何らかの食物アレルギーを持っているものと言われています。

多くの場合は、食後数分から2時間以内に症状がみられる「即時型アレルギー」の意味で使われ、「即時型アレルギー」によく見られる症状は、蕁麻疹を始めとする皮膚症状・呼吸器症状・消化器症状です。食後2時間以降に発生する「非即時型アレルギー」の場合は消化器症状・皮膚症状が主な症状となります。

現在、農林水産省が定めている食物アレルギーは27品目存在し、特にアレルギーの原因となることが知られている卵、乳製品、小麦、蕎麦、落花生、えび、かには、加工食品などへの表示が義務づけられています。

うつ病の種類や病気症状

うつ病とは、不眠、不安、抑うつ状態、焦燥、食欲低下、意欲減退などを症状とする精神病のひとつです。

うつ病になる原因は日常にたくさん存在していますが、多くの場合には病気に至ることはありません。苦痛な出来事が起こっても、何日か経てば普通に社会生活ができるようになります。しかし、大きな挫折をしたとか辛い出来事がくり返し発生した場合に、精神を復元することができず憂鬱な気持ちが続き社会復帰できない状態が2週間以上経過するとうつ病である可能性が高いでしょう。

放置すると悪化する可能性がありますが、適切な治療を受ければ大体の場合に完治することが多いです。治療方法はストレスを軽減するための十分な休養と薬物療法によるものとなります。

症状によってうつ病にも様々な種類があります。

通常のうつ病は「単極性うつ病」と呼ばれ、うつ状態が続くことが主要な症状ですが、「躁うつ病(双極性障害)」という躁(興奮状態)とうつ状態をくり返す症状を持つ病気が存在します。

躁の時は調子が良く夜寝なくても平気な程大変活発になりますが、すぐに気が散ったり怒りやすくなります。法的な問題を起こしたり高額な買い物をして借金を作ってしまうなど、本人に自覚がないまま周囲に迷惑をかけてしまい人としての信用を失う結果になることもあります。

結婚前に行いたいこと

未婚・晩婚・晩産化が進んでいるご時世ですので、20代の頃は結婚を気楽に考えていたものの、
30代に入った途端に「自分も結婚しなければ!」と焦りだす人はたくさんいるでしょう。また、年齢を重ねるにつれ、人を見る目が養われている分男性を判断する基準が厳しくなりがちです。

このように、晩婚が多いことから、いざ結婚して出産を望んだとしても女性の体は妊娠しにくい場合もあります。子供ができやすい身体であるのかどうか事前にチェックすることができるブライダルチェックという健康診断があります。不妊や病気など早期に見つけることができますので、結婚したい相手が見つかったらブライダルチェックを受けることをお勧めします。

ブライダルチェックには、子宮がん・子宮頸がん検査、乳がん検査、風疹抗体検査、性感染症(STD)検査、血液検査などが含まれます。

医療保険や先進医療について

医療保険とは、病気やケガで通院・入院したり手術を受けたりした時に発生した医療費の全額または一部を補償する保険です。国民健康保険などの公的医療保険と、民間医療保険があります。

国民健康保険は、健康状態に関わらず誰しもが加入でき、収入によって保険料が変わります。反対に、民間の医療保険は、保険内容や補償額によって保険料が変わりますし、加入時に健康状態などの審査が課せられるのが特徴です。

民間の医療保険には、先進医療対応の医療保険があり、人気があります。先進医療とは、厚生労働大臣が定める高度で最先端の医療技術を用いた療養のことです。先進医療の費用は、一般医療と比べて技術・治療効果は高いのですが、技術料が非常に高く、健康保険の適用対象外である為、その治療費用は全額自己負担となります。先進医療対応の医療保険があれば、万が一の時に安心して高度医療を受けることができるでしょう。

医療保険は、主に「入院給付金」と「手術給付金」という2種類の保障から成り立っています。「入院給付金」は、対象となる病気やケガで入院をした場合に、支払い限度日数以内で入院1日あたり5,000円~2万円などの決められた額が支払われます。「手術給付金」は、給付金の支払い対象となる手術を受けた場合に、入院給付金日額の5~40倍程度の額が支払われるものが一般的です。

貧血の怖さ

日本人の成人女性のうちの約17%が貧血だというデータがありますが、実際に貧血だと自覚している人は少ないと言われています。

貧血には色々な種類があります。貧血の80~90%を占める最もよくある貧血は、鉄欠乏性貧血です。不規則な食事や出血によって血液中の鉄分が不足することが原因で発症します。身体がだるい、不眠、落ち込みがち、イライラする、のどが痛い、肌や爪のトラブル(二枚爪など)がある人は鉄欠乏性貧血を疑ってください。下まぶたをアッカンベーをした時のようにめくってみてください。貧血がある人は下まぶたが白っぽくなっています。

重度の貧血には、骨髄が脂肪に置き換わり赤血球、白血球、血小板を作ることができなくなることで、出血が止まり難くなる「再生不良性貧血」、赤血球が壊れ易くなる「溶血性貧血」、癌や感染症など他の病気の二次症状として起こる「二次性貧血」があります。

「たかが貧血」では終わらさず、気になる事があれば医療機関に相談しましょう。他の病気のサインかもしれません。

Pages