病気や事故に負けず幸せな生活を

Splash Image

保険とは

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為のもっとも合理的な防衛策のひとつです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

公営保険

社会政策または経済政策的理由から実施される保険で、社会政策ないし社会福祉として行なわれる[社会保険]と経済政策として行なわれる[産業保険]があります。例として、[社会保険]は国民健康保険、国民年金、雇用保険、船員保険など、[産業保険]には農業保険、漁業保険、漁船保険、輸出保険などがあります。参照元:一般社団法人日本損害保険代理業協会

民営保険

民間の損害保険会社、生命保険会社が販売している保険です。

また、民営保険に該当する保険であっても、社会政策的趣旨から実施されているものがあります。自賠責保険(自動車損害賠償保障法に基づく)や地震保険(地震保険法に基づく)がそうです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

大腸の癌とは

「がん」は日本の国民病といわれ、日本人の3人に1人ががんで死亡するという統計があります。その中でも、がんの部位別患者数をみると大腸がんが1位であり、患者数は毎年上昇傾向にあります。

以前は日本では少なかった大腸がんですが、近年の食生活の欧米化が増加の最大の要因と考えられています。高脂肪の食品や炭水化物の摂取が多く野菜や穀類を取らない人ほど大腸がんになるリスクが高くなりますので、気をつけなければなりません。

大腸がんには直腸がん(便の出口に近い部分)と結腸がん(小腸から直腸の手前部分)があり、大腸がんとはこれらを総称した呼び方です。男女で比べると、結腸がんは特に差はありませんが、直腸がんの場合は圧倒的に男性の患者数が多いのが特徴です。

スーパーフードやマクロビで美味しく健康に

「マクロビオティック」とは、玄米などの穀物や野菜、海藻などを中心とする日本に古くから伝わる食生活を基本とした食事を摂取することです。「マクロ」=大きい・長い、「ビオ」=生命、「ティック」=術学 を意味しており、文字通り、マクロビオティックは長く生きる為の方法であり、健康な暮らしを実現する考え方です。

戦後、日本では、食生活の欧米化により肉類や糖質類の摂取が増えたり、化学調味料や濃い味付けに慣れてしまった結果、糖尿病や肥満などの生活習慣病などの病気が急増しました。日本人は古くから一汁三菜を基本とした食生活を送っていたものです。日本人の食を本来の穀物菜食に戻す事によって、生活習慣病を予防できると期待されています。

マクロビオティックでは、身土不二(暮らす土地の旬のものを食べること)と、一物全体(食材の皮や根まで丸ごと食べること)という2つの原則があります。また、調理する際には、皮を剥くなど余計な手間は加えず、味噌・しょうゆ・塩などの伝統調味料を使ってシンプルに調理することが大切です。焼くことはせず、煮る・蒸す・炊くなど日本特有のやさしい調理を主にすると良いでしょう。

癌にならないための食事

癌になりたくなければ、普段の食生活に注意することが大切です。

癌の原因の35%は食生活、30%は喫煙であると言われていますから、煙草を吸わず食生活に気をつけていれば、癌の可能性は3分の2以上防げることになるでしょう。

糖質や脂質、塩分、アルコールの過剰摂取は発がん物質などの影響を受け易い体質を作ります。近年の日本人に増えている大腸癌や乳癌の原因は、食生活の欧米化にあります。詳しく言えば、肉類の摂取の増加や食物繊維の不足などです。

摂取する食物だけではなく、調理方法によっても発がん性を高めてしまうことがあります。調理した時にできる焦げには発がん性物質が含まれていますし、温度が熱すぎると消化器官を弱めてしまうkとにより食道がんや胃がんの原因となると言われています。

ノロウイルスとは

ノロウイルスとは、口から体内に入り腸の細胞内で繁殖し、急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。年間を通して発症するウイルスですが、特に冬を中心に流行しよく学校での集団感染等のニュースが報道されます。

ノロウイルスの潜伏期間は24時間から48時間程度です。一旦発症すると、激しい嘔吐、下痢、腹痛等の症状が現れます。発熱や筋肉痛が出ることもあります。

感染力が大変強いノロウイルスなので、二次感染を防ぐ為に、感染した可能性のある人はできるだけ早く医療機関に相談し安静にすることが大切です。ノロウイルスに有効な治療薬はなく、通常は対症療法が行われます。通常は2〜3日で回復に向かいます。

即効性を期待できるダイエット

コンビニで簡単に購入できる炭酸水で、夏までにスレンダーな体を手に入れませんか?

食前10分前に500mlの糖質を含まない炭酸水を飲むことによって満腹感を感じ、自然と食事の量を減らすことができます。小腹が空いた時の間食として飲むのも良いかもしれません。

気をつけなければいけない点は、少量の炭酸水を飲んではいけないと言うことです。炭酸水は胃の運動を活発化させる効果があるため、少量であれば満腹感を感じず、反対に食事の量を増やしてしまう恐れがあります。胃腸の働きを良くするので、便秘予防にも効果的でしょう。

リウマチの怖さ

関節リウマチとは、関節に炎症が続き腫れて痛み、最終的には関節が破壊されて変形してしまう病気です。患者の約70%は軽症のまま経過しますが、残りの30%は重症になると言われています。

30~50歳代の女性に多く発症する病気です。痛みや腫れの症状は手指の第2関節に出るのが典型的で、左右両側の関節にあらわれることが多いのが特徴です。

関節リウマチの代表的な症状は、両手のこわばりです。朝起きてから30分以内くらいに最も出やすいので、朝の支度をしている時に症状を発見できるかもしれません。また、なんとなく体が重買ったり微熱が続くこともあります。

治療をしないで放置すると、関節破壊が進行し、寝たきりになってしまうケースがあります。発症のサインにいち早く気づき、早期の治療をすることが大切です。

更年期障害とは

更年期とは、平均51歳で訪れる閉経をはさんだ前後約10年間のことです。

閉経が近づくと、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が急激に減少します。ホルモンバランスの乱れが原因で、身体的や精神的に不調となることを更年期障害と呼びます。

代表的な症状は、ほてりや発汗、めまい、だるい、肥満、肩こり、腰痛、意欲低下、不安感やイライラなどです。

症状がひどい場合には、ホルモン注射によるホルモン補充療法が一般的と言われますが、漢方薬やピルを使って症状を安定させることもあります。

薄毛や抜け毛の原因

薄毛や抜け毛を引き起こす主な原因は、遺伝、ストレス、血行不良、皮脂分泌過剰などがあります。また、生活習慣や環境、ヘア・頭皮ケアによっても薄毛を進行させる原因があります。

髪の毛の薄毛や抜け毛の悩みは男性だけではありません。女性にも薄毛の悩みを持つ人は増えています。女性特有の薄毛は、男性の薄毛と区別するために「女性型脱毛症」と呼ばれています。女性型脱毛症は、生え際がM字型に後退したり頭頂部が薄くなる男性型とは異なり、毛髪のハリやコシがなくなることによって髪の毛の密度が低くなり頭皮が覗いて見えるようになります。

女性型脱毛症の原因として、遺伝、女性ホルモンの低下、加齢によることが多くあります。

頻尿の原因

成人は、平均的に1日に昼5回、夜0〜1回排尿を行います。しかし、頻尿になると、用を足してもまたすぐに行きたくなる症状が出て、排尿の回数が平均より増えます。昼8回、夜2回を超えると頻尿の症状を疑ったほうが良いでしょう。

頻尿の起こる原因は、膀胱や前立腺など泌尿器系の臓器に病気症状として発生しているものと、そのような原因なく発生するものがあります。

頻尿の原因として多いものの例として、「過活動膀胱」があります。「過活動膀胱」は、膀胱に尿が十分に溜まっていないのに、膀胱が勝手に収縮するという病気です。急に急に尿意をもよおし何度もトイレに行きます。前立腺肥大症による排尿障害や脳や脊髄の病気に伴って起こることもありますが、加齢による老化現象によって起こることは少なくありません。

小児がんとは

小児がんとは、15歳以下の子どもがかかる癌のことです。日本では、年間約2000人の子供が小児がんを発生すると言われています。小児がんには多くの種類の癌が当てはまります。小児がんの種類は大人に起こりやすい胃がんや肺がんとは異なります。特に白血病が多く、その他には脳腫瘍、網膜芽細胞腫、神経芽細胞腫、リンパ腫、骨肉腫などです。

すべての癌の発生率と比べてみると、小児がんが占める割合はたった1%程度ですが、子供の病気による死因の第1位となっています。

1960年代まで小児がんは不治の病と言われていました。しかし、それ以降、医学の進歩により、子供に適応する治療方法も生み出さされ、今では小児がん患者の70〜80%が治癒し、成人するようになりました。

大人と同様に、小児がんの治療には、外科手術、化学療法、放射線療法が行われます。子供の身体は大人よりも治療の効果が現れやすく治癒しやすいことが特徴的ですが、副作用が強く現れる傾向があります。

Pages