病気や事故に負けず幸せな生活を

Splash Image

保険とは

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為のもっとも合理的な防衛策のひとつです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

公営保険

社会政策または経済政策的理由から実施される保険で、社会政策ないし社会福祉として行なわれる[社会保険]と経済政策として行なわれる[産業保険]があります。例として、[社会保険]は国民健康保険、国民年金、雇用保険、船員保険など、[産業保険]には農業保険、漁業保険、漁船保険、輸出保険などがあります。参照元:一般社団法人日本損害保険代理業協会

民営保険

民間の損害保険会社、生命保険会社が販売している保険です。

また、民営保険に該当する保険であっても、社会政策的趣旨から実施されているものがあります。自賠責保険(自動車損害賠償保障法に基づく)や地震保険(地震保険法に基づく)がそうです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

肺の癌の病気症状

肺腫瘍とは、肺にみられる腫瘍で良性のものと悪性のものが存在します。

良性腫瘍の場合は、特に症状は無く腫瘍が大きくなる速度も遅いです。転移することはありません。良性腫瘍であることが明らかであれば、治療を行う必要はなく、経過を観察するだけで問題ありません。大きくなったり、腫瘍ができた部位によっては、気管や気管支を圧迫して肺炎や息切れなどを起こすこともありますので、時々検査を受けることをお勧めします。

悪性腫瘍のほとんどが肺がんです。原因として最も多いのが喫煙と言われています。肺から発生したタイプと、他の臓器から転移したタイプの2種類に分かれます。また、進行が早い小細胞肺腫瘍と、ゆっくりと進行が進む非小細胞肺腫瘍の2種類に分かれます。肺がんの約85~87%が非小細胞肺腫瘍と分類されます。

肺がんの60%程度が肺腺がんです。肺腺がんは、非小細胞肺がんの一種で、日本人には特に多く発生するといわれています。非常に進行のスピードが早く、発見された時には既に転移していることが多いのも特徴です。

癌になりたくなければ、普段の食生活に注意することが大切です。

癌の原因の35%は食生活、30%は喫煙であると言われていますから、煙草を吸わず食生活に気をつけていれば、癌の可能性は3分の2以上防げることになるでしょう。

体臭の怖さと対策

体臭を管理することは、大人として最低限のマナーです。体臭によって、知らない間に恋人、友人、ビジネスチャンスを失っているかもしれません。

体臭の予防・改善は、毎日の入浴によって身体を清潔に保つなど外側からのケアと、食生活の見直しをはじめとした内側からのケアの両方を考えると良いでしょう。良く身体を洗っているのに、体臭が気になる人は、普段の食生活を思い出してみるとよいかもしれません。

体臭のもととなる成分は、皮脂や汗といった体内から分泌され悪臭に変わります。特に、腸内環境が悪いと体臭の原因となります。関係ないと思われがちな体臭や口臭も実は便秘が原因の場合があることを知っていますか?

腸内環境を良くするには、食物繊維と乳酸菌が多く含まれる食品を積極的に取ることが大切です。

腸内環境が正常であれば、便は大腸の中の水分の濃度や量を調整しながら排せつのしやすい状態に整えられて快便となります。何らかの理由で腸内環境が悪くなると、下痢や便秘など便に異常が出始めます。

便が大腸の中に長い時間滞留し水分が少なくなると便秘になります。反対に、腸が「体内にあってはいけないもの」と判断した便は、一刻も早く体から出そうとして水分の多い下痢となり排出されます。

白血病とは

日本人にとって最も死亡率が多い病気をご存知ですか?

1位は癌、2位は心疾患(心臓に起こる病気)、3位は脳血管疾患(脳に起こる病気)です。日本人の約30%の人が癌で死亡すると言われています。また、癌・心疾患・脳血管疾患の3つの病気が日本人の死因の半分以上を占めており、その為、これらを「日本人の三大死因」と呼ぶことがあります。

近年では、飲酒・喫煙、食生活の変化、運動不足やストレスの積み重ねにより、「日本人の三大死因」のいずれにおいて大きな原因と言われる生活習慣病(糖尿病、脳卒中、心臓病、高血圧、肥満など)にかかる人が増加しています。病気から自分自身を守るために、日々の生活を改善することが大切です。

癌の中には血液に発生する癌があります。白血病です。

白血病とは、血液がんの一種で、血液の中の白血球が悪性腫瘍(がん)になったものです。白血病には、まず急性や慢性に分けることができ、また、骨髄性白血病であるかリンパ性白血病があります。その種類により症状が異なります。

一昔前は、不治の病だと思われていた白血病も、医学が進歩した現代の医学では治癒が期待できる病気の一つとされています。

子宮頸がんとは

子宮頸がんは、女性の子宮頸部に発症するがんです。20代から30代の女性発症するすべてのがんの中で第一位であり、毎年約10,000人が発症し約3,500人が亡くなっています。子宮がんと呼ばれるがんのうち約7割を占めます。

子宮頸がんを発症すると、子宮や子宮周辺の臓器を摘出しなければいけなくなる可能性があるので、妊娠の機会を失ってしまうことがあります。

禁煙、子宮頸がん患者のほとんどが、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに感染していることが判明されました。HPVは性交渉を経験したことのある女性の80%が感染するといわれています。子宮頸がんワクチンを受けることで、HPVの感染を予防することにより子宮頸がんの発症を防ぐことができます。

子宮内膜症とは

本来、子宮内膜は子宮の内腔に存在するものですが、卵巣や骨盤の腹膜などの子宮以外の場所で増殖する病気を子宮内膜症と呼びます。20代~40代の女性に多い病気と言われています。

主な自覚症状は、つらい月経痛です。病気の進行とともに痛みがどんどん大きくなるのも特徴です。以前と比べて月経痛がきつくなったと感じる人は子宮内膜症を発症している可能性があります。

子宮内膜症は不妊症の原因ともなりますので、なるべく早めに治療を開始することが大切です。

下痢と便秘

腸内環境が正常であれば、便は大腸の中の水分の濃度や量を調整しながら排せつのしやすい状態に整えられて快便となります。何らかの理由で腸内環境が悪くなると、下痢や便秘など便に異常が出始めます。

便が大腸の中に長い時間滞留し水分が少なくなると便秘になります。反対に、腸が「体内にあってはいけないもの」と判断した便は、一刻も早く体から出そうとして水分の多い下痢となり排出されます。

便は体調のバロメーターと呼ばれるように、下痢と便秘の状態を放置しておくと実は大病が隠れていたということがありますので気をつけなければなりません。何らかの感染症や腸炎、大腸癌などです。

喘息と合併症の気胸

喘息(気管支喘息)とは、炎症によって気管支が狭くなることにより生じる発作のことです。咳や痰、ゼーゼーという喘鳴、呼吸困難、胸の痛み、動悸・息切れなどが症状に挙げられます。喘息の患者の方は、わずかな刺激で気管支を取り囲む筋肉が収縮し、発作がおこります。

日本では、子供の人口はの5~7%は喘息持ちであると言われ、その原因のほとんどはアレルギーです。アレルゲンとなるものには、ハウスダスト、ペットの毛、ダニ、花粉、カビなどです。大人の喘息の場合、子供の頃の喘息が再発するケースもありますが、大半は成人してからの急な発症です。子供の喘息に比べて、原因が明確に特定できない場合が多いとされています。

アレルゲン以外には、タバコ、過労・ストレス、感染症、大気汚染、天候の変更などが誘因となることがあります。

喘息の合併症の一つには、気胸があります。肺に穴が開いて空気が漏れ、肺がタイヤのチューブがしぼんでしまったような状態になる病気です。

また、息切れなどの兆候は肺腫瘍の病気症状でもあります。肺腫瘍とは、肺にみられる腫瘍で良性のものと悪性のものが存在します。

爪で分かる健康状態

爪はあなたの健康のバロメーターです。爪の問題は身体の異常を表していることがあります。健康な爪は、半透明な薄いピンク色で艶があるものです。

爪に横線が入っている場合、ストレスや栄養不足などが考えられます。縦線の場合は、加齢による老化現象が原因だと言えます。過度のストレスや睡眠不足、過労が溜まると現れることもあります。細くて黒い線がはいっている人には、メラノーマと呼ばれる悪性腫瘍である可能性がありますので、特に気をつけてください。

爪が薄くはがれる場合には貧血の可能性、貧血の重度が高くなると、爪はへこみスプーンのようになります。ばち指(指先がふくれて爪が指を包むように丸みを帯びている)であれば肺癌をはじめとした肺疾患を疑ったほうがよいでしょう。

良性悪性の骨腫瘍

骨腫瘍とは、骨組織に起こる腫瘍です。"悪性"と移転などせず生命に悪影響を及ぼすことのない"良性"のものがあります。

また、他の部位の悪腫瘍が骨に転移した転移性の種類と骨自体から発生した原発性の種類があります。原発性は骨を作る細胞や組織の異常増殖によって発生します。発性悪性骨腫瘍の代表として、骨肉種・ユーイング肉腫・軟骨肉腫などがあります。

骨腫瘍の多くの場合、最初に現れる症状は骨の痛みです。進行すると骨がもろくなり、骨折しやすくなります。骨の外まで腫瘍が大きくなると、外見上腫れてきたり熱感を生じることもあるでしょう。

悪性腫瘍と呼ばれるものは、治療をせずに放置すると全身に転移し患者の命を奪います。一般的に「がん」や「悪性新生物」と呼ばれています。

反対に、良性腫瘍と呼ばれる腫瘍は、その他の部位へ移転することはなく命を脅かすことはありません。

日本では毎年約100万人の方が死亡していますが、その中の3分の1の人数の死因が「がん」と言われており、日本ががん大国であることが分かります。近年死亡率の高いがんの部位では、日本人男女ともに肺がん・胃がん・大腸がんがトップ3です。

がんから身体を守るには、たばこやアルコールの量、食事のバランスに気をつけ、適度な運動を行い、定期的な検診を受けましょう。

不妊症のこと

ある一定の時期を過ぎても妊娠しなければ、不妊症を疑って病院へ行く方は多いと思います。しかし、妊娠を希望するにも関わらず不妊症になりやすい体質の人は、事前に病院を受診し、検査や専門医への相談をするのが良いでしょう。

女性であれば、月経周期や量や症状に異常が見られる場合、性感染症の経験がある場合、子宮筋腫・子宮内膜症と診断されたことがある場合です。

男性は子供の頃にヘルニアや停留睾丸の手術、がん治療を受けている場合、成人になって糖尿病にかかった場合などとなります。

Pages