病気や事故に負けず幸せな生活を

Splash Image

保険とは

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為のもっとも合理的な防衛策のひとつです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

公営保険

社会政策または経済政策的理由から実施される保険で、社会政策ないし社会福祉として行なわれる[社会保険]と経済政策として行なわれる[産業保険]があります。例として、[社会保険]は国民健康保険、国民年金、雇用保険、船員保険など、[産業保険]には農業保険、漁業保険、漁船保険、輸出保険などがあります。参照元:一般社団法人日本損害保険代理業協会

民営保険

民間の損害保険会社、生命保険会社が販売している保険です。

また、民営保険に該当する保険であっても、社会政策的趣旨から実施されているものがあります。自賠責保険(自動車損害賠償保障法に基づく)や地震保険(地震保険法に基づく)がそうです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

がん保険に入るメリット

がん保険に入るメリットとは何でしょう?

がん保険に加入すると、長い間保険料を払い続けることになります。もちろん、がんにならなければ保障はされません。その為、長年、保険料を払い続ける意味があるのか疑問に思う部分でもあります。

保険料として支払う金額を貯蓄に回し、万が一がんと診断された時に治療費を貯蓄から出す方が賢明かもしれません。

しかし、万が一がんになって治療期間が長引いた場合、仕事ができなくなった場合、貯蓄を他の目的で使わなければならなくなった場合には、がん保険が役に立つでしょう。また、病気の心配に加えて、お金のやりくりのことばかり考えなくても良いので、精神的なダメージが少なくなります。

すでに医療保険へ加入済みの方であれば、がん特約を付け加えるという方法で、がんを含むあらゆる病気に対応できる保険を持つことができるでしょう。    

医療保険とは、病気やケガで通院・入院したり手術を受けたりした時に発生した医療費の全額または一部を補償する保険です。国民健康保険などの公的医療保険と、民間医療保険があります。

地震保険や地震共済加入の必要性

近年、東日本大震災や熊本地震を始めとする大規模な地震災害が発生しています。また、今後30年以内の発生が予測されている南海トラフ巨大地震では、高さ5m以上もの津波が13都県に襲うと予測されています。

いつ起こるか分からないのが地震です。いざその日がやってきた時のために、早急に地震保険や地震共済への加入を考えませんか?

家の倒壊や津波の被害を補償するのは地震保険です。火災保険のみでは、地震による被害が補償されません。地震保険単独では加入できないため、必ず火 災保険とセットで契約します。保険金額は火災保険の30~50%の間で任意に設定、限度額は建物5000万円、家財1000万円です。例えば、火災保険金 額が建物5,000万円、家財1,000万円の場合、地震保険金額の上限は建物2,500万円、家財500万円です。

保険料は、建物の所在地と建物の構造によって変わります。南海トラフ大地震が懸念される太平洋沿岸などの保険料は、最も高いレベルで設定されています。

医療保険はなぜ必要なのか?

健康保険に加入しているのに、なぜ医療保険(入院保険)にも加入する必要があるのでしょうか?

病気や怪我で入院した場合、健康保険があれば負担は費用の3割弱でおさまりますが、100%カバーされるわけではありません。特に、治療日数が長引いたり健康保険対象外の治療をした時には個人の負担も大きくなります。

健康保険にも【高額療養費制度】といって、70歳未満の方が医療を受けた際に自己負担額が高額になり一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合、超過分が後日払い戻される制度があります。しかし、【高額療養費制度】は保険対象の治療のみに適用され、先進医療には適用できないケースがほとんどです。

また、入院や手術には給付金が出るけれども通院には出ないケースもありますので、万が一の時に備えて、個人の負担を軽減する為やより最新の先進医療を受ける為に民間の医療保険に加入される方が多くいらっしゃいます。

自動車保険と事故による怪我

交通事故で負った怪我の治療を受ける場合、健康保険で診療することができますが、自動車保険の保険金で診療することも可能です。自動車保険には、対人賠償保険や対物賠償保険をはじめとする相手(被害者)の為の補償や、自身の損害を補償する自損事故保険や人身傷害補償保険などの補償があります。

一方的に怪我を負わされた場合、自身が被害者となり、加害者の加入している自動車保険から、治療費などの損害賠償を受けることになりますので、被害者は医療費を立て替えることなく治療を受けることができます。

加害者が自動車保険に加入していない場合に使える「無保険車傷害保険」という保険も存在します。加害者が保険に加入していないと、十分な保険金は支払われません。加害者に資産があると補償してもらえますが、任意保険に未加入の人の多くは資産力がない場合がほとんどであると言えます。無保険車傷害保険に加入していれば、加害者から受け取るべき賠償金を立て替えてくれるので安心です。

地震保険

地震大国日本にとって、万が一の地震による損害に備える大切な保険です。 地震を起因とした損失(津波や火災、損壊、埋没など)を補償したり、地震後の生活を立て直すための資金を補償します。

損害の程度「全損」「半損」「一部損」にあわせて、契約金額の100%、50%、5%等の保険料が支払われます。 損害を受けた自動車や貴金属、骨董品などの高額品は補償されません。

海外旅行保険はなぜ必要なのか?

海外旅行保険とは、海外旅行中に発生した病気や怪我の治療費、宿泊先の器物損壊、携行品の盗難、「航空機遅延」「手荷物遅延」などフライトに関連し たトラブルなどのアクシデントに起因した損害を補償していくれる保険です。 経済面での補償だけでなく、日本語が通じない海外での日本語サポートやトラブル処理などが受けられます。保険料は、行き先や渡航日数で大きく変わります。

海外旅行に慣れている人でも、海外でどんなトラブルに逢うかは予想できません。万が一の時のために、旅行前には必ず海外旅行保険に加入することをお勧めします。

海外で急な病気や怪我になった場合、日本国内ではスムーズに対処できることでも海外では思うように進みません。また、健康保険を使って安価に治療を受けることもできず、高額な治療費をその場で支払うことになります。

海外旅行保険に加入している場合には、病気や怪我にかかったりトラブルに巻き込まれた際には言葉や文化の違う海外でも日本語で24時間コールセンターに相談することができ、瞬時に対応してくれます。また、上記のような高額な治療費の支払が心配ですが、各保険会社が提携している病院であれば、保険会社から病院へ直接支払いが行われるため、キャッシュレスで治療を受けることが可能です。

海外旅行保険

海外旅行保険とは、海外旅行中に発生した病気や怪我の治療費、宿泊先の器物損壊、携行品の盗難、「航空機遅延」「手荷物遅延」などフライトに関連したトラブルなどのアクシデントに起因した損害を補償していくれる保険です。 経済面での補償だけでなく、日本語が通じない海外での日本語サポートやトラブル処理などが受けられます。保険料は、行き先や渡航日数で大きく変わります。

海外旅行に慣れている人でも、海外でどんなトラブルに逢うかは予想できません。万が一の時のために、旅行前には必ず海外旅行保険に加入することをお勧めします。

大腸の病気症状と治療方法

「がん」は日本の国民病といわれ、日本人の3人に1人ががんで死亡するという統計があります。その中でも、がんの部位別患者数をみると大腸がんが1位であり、患者数は毎年上昇傾向にあります。

以前は日本では少なかった大腸がんですが、近年の食生活の欧米化が増加の最大の要因と考えられています。高脂肪の食品や炭水化物の摂取が多く野菜や穀類を取らない人ほど大腸がんになるリスクが高くなりますので、気をつけなければなりません。

大腸がんには直腸がん(便の出口に近い部分)と結腸がん(小腸から直腸の手前部分)があり、大腸がんとはこれらを総称した呼び方です。男女で比べると、結腸がんは特に差はありませんが、直腸がんの場合は圧倒的に男性の患者数が多いのが特徴です。

早期の大腸がんの場合自覚症状はほとんど無く、がんが広がるにつれて排便や腹部の状態に症状が現れます。詳しく言うと、血便・下痢や便秘・腹痛・腹部のしこり・腹部が張る等です。しかし、このような自覚症状が出た段階では、既に悪化し、肝臓や肺へ転移している可能性があると言われます。

早期に発見し適切な治療をすれば完治する大腸がんですから、定期的な検査を受けることが大切です。問診や検便で簡単に調べることができます。もし陽性の結果が出た場合には、内視鏡検査や直腸指診などの精密な検査が必要となります。

よくある胃の病気 - 胃がんや胃炎の病気症状と治療法

「がん」は日本の国民病といわれ、日本人の3人に1人ががんで死亡するという統計があります。

元々、1950年頃には、がんで死亡する人の半数近くは胃がんによる死亡でしたが、近年では、日本人の生活環境や食生活が変化したことが理由で大幅に発生が減少してきました。

胃がんは、食生活やピロリ菌が最大の要因とされます。日本人は塩辛い味を好むため発生率が高いと言われていますが、冷蔵庫が普及したことによって新鮮で清潔な食べ物が手に入りやすく、保存用に塩漬けする必要がなくなったため発生が抑えられていると言えるでしょう。

しかしながら、部分別がんの死亡率で見ると、現在でも胃がんによる死亡者は肺がんに続いて第2位です。また、女性より男性の発生率が高くその数は倍以上にもなります。塩分の多い食事が好きな方、アルコール・喫煙・インスタント食品が好きな方、ピロリ菌に感染している方、家族の中に胃がんにかかったことがある方は胃がんになる可能性が高いので気をつけてください。

胃がんは初期の段階で自覚症状がほぼ無いため、早期発見が難しいがんです。

膀胱に発生する病気症状

膀胱がんは、泌尿器科が取り扱う癌の種類の中で最もポピュラーな癌です。高齢になるほど患者数は多い癌で、40歳以上の人に発生頻度が高く、膀胱がんの約6割は65歳以上と言われています。男性の患者数は女性の3倍にもなります。

膀胱がんの初期症状として代表的なものが血尿です。定期健康診断の尿検査で赤血球が検出され血尿が判明する場合もありますが、肉眼で分かるほど尿が赤くなることもあります。排尿通を感じる場合には、すでに癌がかなり進行していると言えるでしょう。

膀胱がんと診断されても、必ずしも膀胱を摘出しなければならないわけではありません。膀胱がんの治療は、癌の根の深さや性質によって変わります。患者の多くが患部のみの切除と医学療法や放射線治療による治療を受けます。進行が進んでいる患者は、膀胱やその他の周囲器官も摘出しなければいけません。その場合、尿道以外のところから尿を体外に導く尿路変向術が必要となります。

また、膀胱の病気と言ってまず思い出す疾患は、膀胱がんの他に膀胱炎でしょう。膀胱炎は、大腸菌や腸球菌などの細菌が膀胱内に侵入することによって炎症が起きる病気です。女性の患者が多いと言われています。

Pages