病気や事故に負けず幸せな生活を

医療保険はなぜ必要なのか?

健康保険に加入しているのに、なぜ医療保険(入院保険)にも加入する必要があるのでしょうか?

病気や怪我で入院した場合、健康保険があれば負担は費用の3割弱でおさまりますが、100%カバーされるわけではありません。特に、治療日数が長引いたり健康保険対象外の治療をした時には個人の負担も大きくなります。

健康保険にも【高額療養費制度】といって、70歳未満の方が医療を受けた際に自己負担額が高額になり一定の金額(自己負担限度額)を超えた場合、超過分が後日払い戻される制度があります。しかし、【高額療養費制度】は保険対象の治療のみに適用され、先進医療には適用できないケースがほとんどです。

また、入院や手術には給付金が出るけれども通院には出ないケースもありますので、万が一の時に備えて、個人の負担を軽減する為やより最新の先進医療を受ける為に民間の医療保険に加入される方が多くいらっしゃいます。