病気や事故に負けず幸せな生活を

前立腺がんとは

前立腺がんは前立腺に発生する病気です。前立腺は男性のみが持つ臓器で、精液の一部を作成しています。膀胱の下部に尿道を取り囲みように位置するクルミほどの大きさの臓器です。

以前は患者数が少なかった前立腺がんですが、近年増加の傾向にあります。2006年には前立腺がんと診断された人が年間約42,000人となり、2020年には78,000以上となることが予測されました。患者数増加の原因は、日本人の高齢化や食生活の欧米化、肥満が増加にある原因と考えられています。

 

提携広告

 

 

前立腺は高齢の男性に多くみられるがんです。発症率は50歳以降から急激に増え、発症の平均年齢が70歳といわれています。 前立腺がんの初期段階では特に自覚症状は現れません。前立腺がんが大きくなると、排尿の回数が増えたり、尿が出にくかったり、血尿、排尿時に痛みを伴うことがあります。これ以上に進行した場合には、前立腺がんが骨に移転し腰痛等の症状が出ることもあります。

 

提携広告

 

 

前立腺がんを最も簡単に早期発見するには「PSA(ピーエスエー)検査(広告リンク有)」という採血による検査方法があります。PSAは前立腺から精液中に分泌されるタンパク質のひとつで、前立腺がんにかかると大量のPSAが血液中に流れ出します。また、前立腺は直腸と接している為、肛門から指で触診する「直腸内触診」も行われることがあります。これらは前立腺がんの可能性を見つけるための検査なので、陽性が出た場合には、前立腺組織を採取して検査する「前立腺生検(広告リンク有)」で確定診断をする必要があります。

 

提携広告