病気や事故に負けず幸せな生活を

介護保険について知りたい

誰しもいつまでも健康で暮らしたいと希望すると思いますが、年を取ると寝たきりや認知症など介護が必要な状況になり、自分だけの力では暮らせなくなる可能性があります。

介護には多額の費用がかかります。いざあなたが介護が必要な身体になってしまうと、金銭面で家族に迷惑をかけてしまうことになります。家族の経済的、また心の負担を軽くするためにも、介護保険は必要なのです。

介護保険には、公的介護保険と民間介護保険があります。 公的介護保険とは、国民が介護保険料を支払い、その保険料を財源として要介護者たちに介護サービスを提供する制度のことをいいます。平成12年にスタートしました。40歳以上の人は介護保険に加入し保険料を支払います。

介護保険のサービスを利用するには、介護や日常生活に支援が必要な状態である要介護者として認定されなければなりません。

65歳以上は「第1号被保険者」となり介護の原因を問わず所定の要介護状態になった場合に保障を受けられます。40~64歳の人は「第2号被保険者」となります。老化に起因する特定の病気によって要介護状態になった場合に限り、介護サービスを受けることができます。

介護認定は、介護が必要な度合いに応じて7段階に分けられます。要支援1、要支援2、要介護1~要介護5です。

認定を受けるには、住んでいる市町村の窓口での申請が必要です。調査員が本人と会い調査を行います。認定後は、利用者の希望や状態に応じた介護サービス計画を作成します。