病気や事故に負けず幸せな生活を

Splash Image

保険とは

保険とは、将来起こるかもしれない危険に対し、予測される事故発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し、万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度で、私たちを取りまくさまざまな事故や災害から生命や財産を守る為のもっとも合理的な防衛策のひとつです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

公営保険

社会政策または経済政策的理由から実施される保険で、社会政策ないし社会福祉として行なわれる[社会保険]と経済政策として行なわれる[産業保険]があります。例として、[社会保険]は国民健康保険、国民年金、雇用保険、船員保険など、[産業保険]には農業保険、漁業保険、漁船保険、輸出保険などがあります。参照元:一般社団法人日本損害保険代理業協会

民営保険

民間の損害保険会社、生命保険会社が販売している保険です。 また、民営保険に該当する保険であっても、社会政策的趣旨から実施されているものがあります。自賠責保険(自動車損害賠償保障法に基づく)や地震保険(地震保険法に基づく)がそうです。(引用:一般社団法人日本損害保険代理業協会

前立腺がんとは

前立腺がんは前立腺に発生する病気です。前立腺は男性のみが持つ臓器で、精液の一部を作成しています。膀胱の下部に尿道を取り囲みように位置するクルミほどの大きさの臓器です。

以前は患者数が少なかった前立腺がんですが、近年増加の傾向にあります。2006年には前立腺がんと診断された人が年間約42,000人となり、2020年には78,000以上となることが予測されました。患者数増加の原因は、日本人の高齢化や食生活の欧米化、肥満が増加にある原因と考えられています。

 

提携広告

介護保険について知りたい

誰しもいつまでも健康で暮らしたいと希望すると思いますが、年を取ると寝たきりや認知症など介護が必要な状況になり、自分だけの力では暮らせなくなる可能性があります。 介護には多額の費用がかかります。いざあなたが介護が必要な身体になってしまうと、金銭面で家族に迷惑をかけてしまうことになります。家族の経済的、また心の負担を軽くするためにも、介護保険は必要なのです。 介護保険には、公的介護保険と民間介護保険があります。 公的介護保険とは、国民が介護保険料を支払い、その保険料を財源として要介護者たちに介護サービスを提供する制度のことをいいます。平成12年にスタートしました。40歳以上の人は介護保険に加入し保険料を支払います。 介護保険のサービスを利用するには、介護や日常生活に支援が必要な状態である要介護者として認定されなければなりません。 65歳以上は「第1号被保険者」となり介護の原因を問わず所定の要介護状態になった場合に保障を受けられます。40~64歳の人は「第2号被保険者」となります。老化に起因する特定の病気によって要介護状態になった場合に限り、介護サービスを受けることができます。 介護認定は、介護が必要な度合いに応じて7段階に分けられます。要支援1、要支援2、要介護1~要介護5です。

生命共済と生命保険

生命共済と生命保険は、どちらとも病気やケガよる治療費や入院費、また死亡保障までを補償する商品ですが、商品を運営する母体が異なります。 生命保険 は、営利会社である民間の保険会社によって運営され、金融庁による監督を受けています。生命共済は、JAや生協などの非営利団体によって運営されており、加入者みんなで困っている人を助けるという考え方のため、利益を求めているわけではありません。 また、生命保険の場合は、契約者が比較的自由に補償内容を設定することができます。不要だと思う補償内容は外したりと個々でカスタマイズすることができるのが有利な点だと言えるでしょう。一方、生命共済の場合は、個々で補償内容を設定することができませんので、補償が軽めであることがあります。 そのおかげで、共済は掛金が低額であることが多いですが、より手厚い補償を求めるのであれば保険の方が良いかもしれません。

個人年金型保険を選ぶ理由

近年人気なプランは、個人年金型の保険です。今後いくら年金が貰えるか分からないご時世、ゆとりのある老後のために、積立として個人年金型の保険に加入する方が増えています。 ゆとりある老後を過ごすためには、35.4万円/月が必要だという調査がありますが、実際には現在高齢者世帯1世帯あたりの平均所得金額は25.8万円/月だそうです。 いくつか受け取り方に種類があり、将来の年金の受け取り金額が決まっている「確定年金」、生涯年金をもらうことができる「終身年金」、積み立てた保険料の運用によって受け取ることができる年金額が変わってくる「変額年金」など好みによって選択できるようになっています。 「確定年金」は、決められた期間だけ年金が受け取れる形式です(5年・10年・15年など)。この期間中に本人が亡くなってしまっても期間中は必ず給付されます(遺族が受け取ることになります)。絶対に掛け捨てにはなりません。 「終身年金」は、公的年金と同様に生きている限り年金を受け続けることができる保険です。保険料は高めですが、一生受け取れるので安心です。しかし、早めに亡くなった場合、死亡以降は給付されません。早く亡くなると、結果として元本割れになったり、返戻率が低いことがあります。

Pages

View Article

前立腺がんとは

前立腺がんは前立腺に発生する病気です。前立腺は男性のみが持つ臓器で、精液の一部を作成しています。膀胱の下部に尿道を取り囲みように位置するクルミほどの大きさの臓器です。

以前は患者数が少なかった前立腺がんですが、近年増加の傾向にあります。2006年には前立腺がんと診断された人が年間約42,000人となり、2020年には78,000以上となることが予測されました。患者数増加の原因は、日本人の高齢化や食生活の欧米化、肥満が増加にある原因と考えられています。

 

提携広告

介護保険について知りたい

誰しもいつまでも健康で暮らしたいと希望すると思いますが、年を取ると寝たきりや認知症など介護が必要な状況になり、自分だけの力では暮らせなくなる可能性があります。 介護には多額の費用がかかります。いざあなたが介護が必要な身体になってしまうと、金銭面で家族に迷惑をかけてしまうことになります。家族の経済的、また心の負担を軽くするためにも、介護保険は必要なのです。 介護保険には、公的介護保険と民間介護保険があります。 公的介護保険とは、国民が介護保険料を支払い、その保険料を財源として要介護者たちに介護サービスを提供する制度のことをいいます。平成12年にスタートしました。40歳以上の人は介護保険に加入し保険料を支払います。 介護保険のサービスを利用するには、介護や日常生活に支援が必要な状態である要介護者として認定されなければなりません。 65歳以上は「第1号被保険者」となり介護の原因を問わず所定の要介護状態になった場合に保障を受けられます。40~64歳の人は「第2号被保険者」となります。老化に起因する特定の病気によって要介護状態になった場合に限り、介護サービスを受けることができます。 介護認定は、介護が必要な度合いに応じて7段階に分けられます。要支援1、要支援2、要介護1~要介護5です。

Pages

提携広告